SAとPA、どっちがどう違うの?比較と違い

自動車で遠出する時、ほぼ必ずといっていいほどよく使うのが高速道路。そして高速道路になくてはならないものが、長時間の運転の疲れを癒す休憩施設ですよね。
ご存知のように、高速道路上の休憩施設には二種類あります。
一つは、広大な駐車場と大きなトイレ、レストラン等の商業施設、ガソリンスタンドなど、ドライバーと自動車の要求を最大限まで満たすことを目的としたSA(サービスエリア)です。50kmから60km間隔で設置されています。最近では宿泊施設や温泉施設、遊園地を併設しているようなところもあり、これを目当てに高速道路を利用する人も少なくありません。
もう一つは、小さいところだと駐車場とトイレだけ、場合によっては売店やガソリンスタンドが設置されていることもありますが、いつもあるとは限らない、必要最低限の機能にとどめているPA(パーキングエリア)です。15kmから20km間隔で設置されています。
両者の違いは、規模と設置間隔ですが、最近では違いがあまりよく分からなくなってきているようです。PAという名称がつけられているところでも、商業施設が充実していることがあります。これは、道路開通後に利用状況を見ながら、必要な機能を追加しているためです。ですので名称だけでは、どちらにどんな機能があるかは分かりません。今はネットでいくらでも調べられますから、自動車で長旅に出る前には、名称に惑わされず、きちんと下調べをして計画を立てるようにしましょう。

Filed under: 未分類 — tired 3:21 PM