ドライブ中の休憩のコツ

長距離、短距離にかかわらず、運転は疲れるものです。そんため適度な休憩が必要です。ドライブの休憩は道路に設けられているパーキングスペースを使って仮眠や簡単な体操で体をほぐすなどが行われています。仮眠を取る場合は安全な場所でとることはもちろんですが、あまり寝すぎないことが大事と言われています。睡眠をしっかりととっているなら仮眠は10から30分程度で十分と言われており、寝過ぎると調子を崩すという方も多いようです。簡単な運動をするという方の場合は背伸びの他に柔軟体操もいれておくと良いようです。運転では座りっぱなしとなることが多いですし、オートマチック車の場合は足もそれほど動かすことがありません。知らず知らずのうちに体が凝り固まっていることもありますので注意が必要です。また、運転中、ナビやカーオーディオの操作は厳禁です。特に旅行などで初めて行く地域で地図が分からないなどでナビに見入って事故に合うということも多いようです。ナビの操作はかならず車を止めてから行うことが大事です。また、ナビを見ながら運転するのも頻度によってはストレスとなる方も多いので、よく分からない場合には車を止めて地図を確認することも大事になります

Filed under: 未分類 — tired 3:22 PM